お肌の状態に合わせて化粧品を使い分けよう

毎日のスキンケアで使う化粧品は、お肌の状態や季節に合わせて使い分けるようにしています。
たとえば、夏の暑い日や生理前でお肌が脂っぽいときは、ビタミンC誘導体が配合された化粧水を使っています。
ビタミンC誘導体は毛穴を引き締めたり、皮脂を抑制する働きがあると言われているので、余分な皮脂が気になるときに最適です。
冷蔵庫に入れて保管しておけば、使うときに化粧水がひんやりしていて、パッティングをするたびによりしっかりとお肌を引き締めることができるので気に入っています。
また、お肌が乾燥してカサカサしているときや、空気が乾燥している冬はヒアルロン酸やコラーゲンといった美容成分が配合された、保湿系の化粧水を愛用しています。
さらに、美容クリームも常備して、スキンケアの仕上げにたっぷり塗っています。
お肌や季節によって化粧品を使い分けることで快適なお手入れが実現しますし、お肌の調子も格段によくなります。
手軽にできる美容法の一つなので、これからも続けていきたいと思っています。

Copyright©美容 All Rights Reserved.

美容